もっと頭を使いなさい

多くのサッカー選手を見ていて思うのは「頭を使っていないな~」ということです。「頭を使っていない」というのは「自分の頭で考えていない」という意味。

 

「この練習の意味は?」「今自分は何をすべきか?」「自分はどういう選手になりたいのか?」を自分と向き合って考えることを放棄しコーチや監督のいいなりになっている選手が多いです。

 

当の選手達はそういった意識はないのかもしれません。しかし第三者から客観的に見れば明らかに頭を使っていない。そしてそこに気づいていいないのはかなりヤバいということです。

 

そういう選手ほど「安易なノウハウ」を求めます。例えば「筋トレすればフィジカルが強くなる」「サプリメントを飲めば疲労回復が早くなる」といったものです。

 

人間の身体はそんな単純なものではありません。ましてアスリートのパフォーマンスを高めるのならばより複雑です。ですから自分のパフォーマンスを高めたければ複雑に考えなければいけないのです。

 

身体能力や技術はあるのに殻を破ることができない選手は思考力を鍛えるといいでしょう。思考力はメンタル力です。メンタルトレーニングをすればするほど思考力は向上していきます。

 

もっと頭を使いなさい。