チームメイトを生かす脳の使い方

サッカーは団体競技です。一人の選手が突出していてもチームが勝てるとは限りません。突出している選手がいなくてもチームワークが抜群のチームは相当強いでしょう。当然ですがチームワークを向上させるには連携の練習をするしかありません。しかしチームメイトを生かす脳を上手く使えば連携は短期間で強くなることは少なくありません。もちろん一人の選手だけがチームメイトを生かす脳の使い方を学んでも効果は薄いでしょう。がチームメイトを生かす脳の使い方が上手いに越したことはありません。

 

特に中盤の選手にはかなりプラスになると思います。これに取り組むことで視野は広がり味方選手がどこにいるのか?どこにパスを出して欲しいのか?どういう意図を持っているのか?どう動こうとしているか?どう動いてほしいのか?が手に取るようにわかるようになります。

 

これはチームメイトを生かすだけでなく、相手選手の動きを予測するのにも使えます。相手選手を見るだけで次はどう動くのか?どう動こうとしているのか?何を考えているのか?ということもわかるようになるでしょう。トップ選手はこういった能力を身に着けています。生まれつき持っていたのか?トレーニングで身に着けたのか?はわかりませんがトップ選手に欠かせない能力の一つであることは間違いありません。

 

あなたもチームメイトを生かす脳の使い方を身に着けませんか?これを身に着ければあなたのサッカーのパフォーマンスは相当上がります。これは技術ですから適切なトレーニングをすれば誰にでも身に着けることが出来ますよ。